1. JALとANAの高齢者サポート内容の違いについて
 

JALとANAの高齢者サポート内容の違いについて

2016/01/08
身体障がい者サポートや高齢者サポート、シニアサポートなど巷では様々なサポートを目にします。
実際どのようなサービスなのか気になったので、調べてみることにしました。


【JALとANAの高齢者サポートについて】

JALとANAの対応はどのように違うのか調べてみることにしました。
電話でお伺いしたのは以下の条件

「83歳の高齢の祖母と一緒に旅行へ行くことになったので高齢者サポートがあれば利用したい」
詳細設定として、
・日によって足腰に痛みがあり、足が痛い時は杖、全体的に調子の悪い時は車いすが必要
・階段の昇降は調子が良ければできる
・短い距離は独歩(一人で歩く)で歩行可能

<JALの対応>
「シニアおでかけサポートというのがある」
・他のお客様より早く登場することができる
・車いす貸出サービスがある
・事前に予約ができる
→事前予約をお願いすると、予約内容確認後、簡単な質問がある。
Q1.階段の昇降は可能か
Q2.短い距離の独歩は可能か
Q3.今回はご高齢による希望ということで良いか
Q4.メインで付き添う人はどの方か
Q5.客室乗務員を呼ぶコールボタン操作は一人で可能か
Q6.車いす持参はあるか
・当日はJALカウンターに行き、車いすを希望している旨を伝える
(HNDの場合はスマイルサポートカウンタ―という専用のカウンターがある)
・出発の1時間前には到着し、カウンターに来てくださいとのこと

<ANAの対応>
「どのようなサポートをご希望ですか?→どのようなサポートがあるか知りたい」
・事前予約はできないが、当日カウンターで車いすの貸し出しが可能
・巡回している電動カートを利用できる
・当日はカウンターの係員に家族が伝える
・付き添いの人が車いすを借りて介助
・必要であれば係員がお手伝い
・羽田空港の出入り口付近で乗り降りすることが可能

実際に利用した記録は後日詳細を紹介します。


  • 私の場合はどうなるの?どんなサービス内容なの?
  • どんな看護師さんが来てくれるの?

 些細なご質問やご相談でも、お気軽にお問い合わせください

ご予約・お見積りはこちら045-517-9500

(受付:平日9:00〜17:00)