1. ケアマネージャーや施設選びのポイント

ケアマネージャーや施設選びのポイント

ケアマネージャーって何?

別名:介護支援専門員
ケアマネージャーとは、介護の現場を5年以上経験してきた介護士や看護師が国家試験を受け、合格した者が、ケアマネージャーとなります。
区役所や福祉サービス事業者、地域とご本人(利用者)の間に入り、連絡や調整を行います。

ケアマネージャーが担当につき、訪問(面談)に来ると、
近くの福祉施設サービスや福祉用具を案内してくださいます。

ケアマネージャーがケアプランを作成することで、福祉サービスを利用することができます。


ケアマネージャーはどのように選べばいいの?

ケアマネ国家試験は、「保健・福祉・医療の分野において実務経験が5年以上」あれば良いと定められています。
ケアマネージャーは、持っている資格や経歴が様々です。
・詳しく経歴を聞いたり
・所属する事業所(法人)サービスのみの案内だけではないか
・一緒に住んでいる家族のことも考えてくれるか
がポイントです。
弊社介入事例は、過去ブログ「良いサービスを探すための介入方法」をご覧ください。

福祉サービス・福祉施設とは?


デイサービス・老人ホーム・通所リハビリ・訪問看護・ヘルパーサービスなど

良い福祉サービス・福祉施設選びとは?

・ご本人様に合っているか
・ご家族の負担が重くなっていないか
・値段に見合う十分な食事やおやつ、飲み物が提供されているか
・衛生面に配慮があるか(手洗い石鹸や紙コップ、アルコール消毒など)
・レクリエーションの内容は充実しているか
・スタッフ間のコミュニケーションや印象はどうか
・他の利用者の雰囲気はどうか

合うサービスとは?

・無理なく、介護度が悪化しないよう配慮されたサービスであるか
・スタッフとの相性や他の利用者の雰囲気が合っているか
・施設が行っているサービスとレベルが合っているか(簡単すぎたり難しすぎたりしないか)

弊社介入事例は、過去ブログ「デイサービスどのように選ぶ?」をご覧ください。




  • 私の場合はどうなるの?どんなサービス内容なの?
  • どんな看護師さんが来てくれるの?

 些細なご質問やご相談でも、お気軽にお問い合わせください

ご予約・お見積りはこちら045-517-9500

(受付:平日9:00〜17:00)