1. ★:*:☆∴アロマ看護ケア∴☆:*:★ Vol.004 【皮膚科】

★:*:☆∴アロマ看護ケア∴☆:*:★ Vol.004 【皮膚科】

こんにちは。
アロマ看護ケアの看護師奈須(なす)です。

昨日は体育の日でしたね。最近は健康を意識した日本人が多くなってきたように感じます。
巷では、リハビリ(筋トレ)を併設したデイサービスが人気のようですね。
デイサービスでお疲れのお母様・お父様には、お身体と心を癒す
「看護師によるアロママッサージのプレゼント」
をされてみてはいかがでしょうか?

ちなみに私は、9月の敬老の日に祖母の大好きなとんかつ屋さんのランチとアロママッサージをプレゼントしました。
とんかつ屋さんには多くの車椅子を利用したご高齢者と家族が訪れていました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
メディカルチェック30分+メディカルアロマトリートメント50分
癒しコース25,800円(税抜・交通費込)>>http://www.aromakango.com/contents_191.html
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

アロマ看護ケアのメールマガジンでは、
アロマや医療を安心・安全に利用できるコツをお伝えしていきます。

本日は・・・
┏………………………………………………┓
  看護師が教える☆良い医者を見極める
  ワンポイントアドバイス【皮膚科】   
┗………………………………………………┛

皮膚科で一般的に処方されている
副腎皮質ホルモン(ステロイド)外用薬(塗り薬)ですが、
魔法のようにかゆみが治り、皮膚がきれいになることから、
様々な箇所に塗ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

!危険です!

副腎皮質ホルモン(ステロイド)外用薬は、強さに段階があり、皮膚の薄さや身体の部位などで処方する外用薬が判断されています。
強い薬から使用すると一見、治りは良いのですが、耐性ができてしまい、さらに強い薬を塗らなければならないということになります。
副腎皮質ホルモン(ステロイド)外用薬には限界があります。

皮膚科で、明らかに強い薬を顔などに処方する医師は要注意です。
きちんと処方することができる医師に診てもらいましょう。
医者の年齢は30代後半〜60代くらいで、勉強熱心な先生が良いでしょう。

東京ですと、J医科大出身の皮膚科医はお勧めかもしれません。

皆様の健康的に長生きを応援しております
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

____________________
☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【ナースコラム】
<83歳末期がん祖父の看取り> 前編
祖父は、2015年7月に腎盂がんをY市立病院にて宣告され、K大学病院に紹介されました。

Y市立病院では妻(祖母)が腎臓がんで入院し、納得できない治療と死であったことから、祖父は他の病院で治療を受けることにしました。
他病院への紹介はスムーズでした。

しかしK大学病院は自宅から遠く、他の病院でも抗がん剤治療は同じとのことで、自宅近くのY総合病院へ入院し、点滴の抗がん剤治療を受けました。
1週間の治療が1クール、それを4回ほど続けたでしょうか。
副作用もなく、普段水分のとらない祖父はむしろ、肌つやが良くなって帰宅する感じでした。

残念ながら、その治療は効いていなかったということでしょう。がん宣告から1年。検査結果は全身に転移。
医者は「気休めかもしれないけど、内服薬で抗がん剤あるから試してみる?」と内服薬の抗がん剤を勧められ、飲んだその日から体調が悪化していきました。
食べ物を食べると吐き気に襲われるとのことで、何も飲まず食わず。
私も家族も内服の抗がん剤をやめたほうが良いよ。と伝えても、「いや、効いてる気がするから」の一点張り。
4日ほどして骸骨のような状態になり、父(本人の息子)の助言もあり、4日目で服薬をやめましたが、時すでに遅し。

それでも祖父はほかの治療法を探したいと、K大学病院に入院することを望みました。内服治療を始めて1週間後の再診にて、担当医に内服治療をやめたことを伝え、K大学病院に転院したい旨を伝えました。
Y総合病院の外来看護師はとっても良い方で、家族の話や不安を親身に聞いてくれる一方、担当医は患者を物としてしか見ていないことを感じました。Y総合病院の担当医は患者のライフサイクルも聞かず、どんどんと痛み止めを処方し、ロキソニン処方に関しても胃薬はいらないと言い張り、
普通であれば、「一番痛みが痛いときが10と例えて、今はどういう状態?」と聞きますが、「痛み止めが効いてないんだから麻薬にしましょう。」と。
麻薬のデメリットの説明もないため、見かねた私(看護師であることは言わず)は、「麻薬のデメリットを教えてください。」と伝え、ようやく祖父や家族が今後の治療を選べる状態となり、診察終了直前に麻薬処方がストップとなりました。

K大学病院に電話をし、2週間後に入院ができることになっていましたが、結局、脱水でどうにもならない状態となり、家で失禁(下の粗相)し始め、一人で立てなくなり、救急車にてY総合病院へ。
<続きは次回に・・・>
(2016年8月 看護師)

〜【ナースコラム】で記載しました内容のお問い合わせはご遠慮ください。弊社サロンにご予約いただき、健康相談を受けられた方に情報公開しております。本当に必要な正しい医療を受け、元気に健康に長生き☆不必要な医療で健康を害すことのないよう願っております☆〜

─────◆◇ お知らせ ◆◇──────
▼横浜ウーマンビジネスフェスタ「よこはマルシェ!」に出展決定!
日時:11月5日(土)10:00〜16:00
場所:パシフィコ横浜 会議センター3階301・302
出店場所は「11」です。ぜひ遊びにいらしてください☆
http://www.network-wobizfesta.yokohama/exhibition/marche
ブースはこちら>>http://www.aromakango.com/contents_197.html

********************************
ご高齢者・患者様の訪問むくみケアはアロマ看護ケアの看護師にお任せください。
http://ameblo.jp/aromakango/entry-12176498705.html
********************************

次回は・・・
●o○【老人ホームの選び方】○o●

アロマ看護ケア株式会社
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町5-80 神奈川中小企業センタービル7階
URL:www.aromakango.com
TEL:045-517-9500
E-mail:info@aromakango.com            

  • 私の場合はどうなるの?どんなサービス内容なの?
  • どんな看護師さんが来てくれるの?

 些細なご質問やご相談でも、お気軽にお問い合わせください

ご予約・お見積りはこちら045-517-9500

(受付:平日9:00〜17:00)